関連情報

HOME > 関連情報

COS-11D PT接続の基本

【1】 3線式

COS-11D PT

マイクアンプ

PDF

(1) ソース出力のためゲインはありません。
(2) 正相音圧入力で正相の出力が得られます。
(3) 左のブロックはCOS-11Dの回路で、FETはマイクに内蔵されています。

(注記)負荷抵抗10kΩは、電源電圧が+5Vの場合の推奨値です。

【2】  2線式

COS-11D PT

マイクアンプ

 

PDF

(1) ドレイン出力となるため約10dBのゲインを得ることができますが、
     FET個体差(gm)による出力レベルのばらつきが出ます。
(2) 正相音圧入力で逆相の出力となります。
(3) 左のブロックはCOS-11Dの回路で、FETはマイクに内蔵されています。

(注記)負荷抵抗10kΩは、電源電圧が+5Vの場合の推奨値です。