会社案内

HOME > 会社概要 > 沿革

沿革三研マイクロホンの歩み会社概要地図

沿 革

1925年

  • 10月1日 創業者 竹内利平が品川区に「竹内工場」を開業

1941年

  • 現在地の杉並区荻窪に本社工場を移転

1946年

  • 純国産ダイナミックマイクロホンを開発し、(株)タムラ製作所より発売

1948年

  • 出資金30万円で「合資会社 三研」設立
  • 日本放送協会に取引口座開設

1954年

  • 日本オーディオ協会設立に伴い入会

1959年

  • 「三研マイクロホン株式会社」に改組

1964年

  • NHK技術研究所と共同開発の接話型ダイナミックマイクML-1が東京オリンピックで使用される

1968年

  • コンデンサマイクロホン分野に進出
  • NHK技術研究所と共同開発した卓上型コンデンサマイクCUS-101がテレビの定時ニュース番組で使用される

1982年

  • 資本金を3,400万円に増資  

1983年

  • 竹内利平社長が会長に就任
    竹内時夫専務が社長に昇格
  • 海外進出を図り英国・米国に代理店を開設

1987年

  • 「マイクロ装置」が実用新案登録される

1990年

  • 資本金9,400万円に増資  

1991年

  • 創業者 竹内利平 逝去

1992年

  • 輸出販売をおこなう新会社「サンケン・オーディオシステムズ株式会社」設立

1997年

  • 「第3回 日本オーディオ協会賞」を受賞

1998年

  • NHK技術研究所と共同開発した氷中マイクが冬季長野オリンピックで使用される

1999年

  • 5月 竹内廸子が代表取締役に就任
  • 8月 海外進出に多くの功績を残した竹内時夫社長逝去
    竹内廸子が新社長に就任

2000年

  • 販売子会社「サンケン・オーディオシステムズ」を発展解消

2001年

  • 海外市場に向けて直接輸出販売営業を開始

2002年

  • 日本放送協会と共同提案の「指向性マイクロホン」、「全指向性マイクロホン」が特許登録
  • 三研マイクロホン(株)単独提案の「全指向性マイクロホン」が特許登録
  • 東京都産業労働局から「医療用心音マイクの開発」により「経営革新計画承認事業者」の認定を受ける

2003年

  • NABで「ショート・ショットガンマイク」、「サラウンド対応角度可変型XY方式ステレオマイク」、「100kHz対応超広帯域マイク」を発表し世界の注目に

2005年

  • 創立80周年
  • AES NYでコンデンサ型広帯域マイクロホンCO-100Kが「One of the Best Equipments of the Exhibition」を受賞
  • 日本放送協会と共同提案の「マイクロホンカプセル」が特許登録

2006年

  • 日本放送協会と共同提案の「コンデンサ型広帯域マイクロホン」が特許登録

2007年

  • 日本放送協会と共同提案の「広帯域指向性マイクロホン」が特許登録

2008年

  • 日本放送協会と、三研マイクロホン株式会社が共同開発した、20Hzから100kHzをカバーする広帯域マイクロホン「CO-100K」が、「音響工学分野における機器・工業技術の進展に著しい貢献があった」として、日本音響学会の技術開発賞を受賞

            

2009年

  • 「音楽収音用超広帯域マイクロホン、および後方の感度抑制に優れた狭指向性マイクロホン」の開発により、日本放送協会とともに、第35回放送文化基金賞を受賞
  • 資本金を8,000万円に減資

 2009年

  • 米国の著名な音楽プロデューサーやレコーディング・エンジニアの団体である「METAlliance」は、CU-44XIIを高く評価し、これを推奨モデルとして認定

 2010年

  •  「小型狭角度指向性マイクロホン」が特許登録される

 2012年

  •  米国「METAlliance」でCU-55が高い評価を得て推奨モデルとして認定

 2013年

  •  日本放送協会と共同開発したリアキャンセルマイクロホンが、日本音響学会で「技術開発賞」を受賞
  •  日本放送協会と共同提案の「背面感度抑圧型狭指向性マイクロホン及びその製造方法」が特許登録される